読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お、うどん。

別荘でちまっと独り言。

ジャニ×ハロ、2ショットリクエスト!!(便乗)

 
 こちらのRINさんの記事を読んでいたら私も書きたい!!!と思い立ち、パッションでキーボードたんたかたーんしてます。妄想はいつだって楽しい!!!
 
ちなみにカウコンは二宮手越ペアにいれました!!!!!(圧倒的需要のなさ!!)二宮くんの嫌いは好きの裏返し!!!!! 
 
キャラクターはふわっとした認識のもとなので違ってても流してください><
 
小山慶一郎×矢島舞美<夏DOKIリップスティック/矢島舞美
f:id:oudon07:20151204165008j:image
あー、社交性オバケの小山くんに舞美ちゃん取られないかなー心配だなーー><
この曲はテクニックよりギリギリの音域で歌う危うさが魅力だから、つっていきなり御本家舞美ちゃんを連れてきちゃったけど!!(やっちまった><☆)
二人で「夏DOKIリップスティック、いっきまーす!」って階段駆け下りて欲しいし、
小山「初めての海で〜」矢島「初めてのお店で」小山「楽しむ人〜」矢島「眺めながら」二人「乙女の決心した〜」って掛け合いから目を合わせて歌うあれやって、あれ!!!!(雑な表現)
 
っていうかここの絵の綺麗さよ、手足の長さよ。
やっぱ舞美ちゃんと並ぶにはそこそこ身長いるし…(誰が手越ちっさいつった???)
 
小山「あの、矢島さんの、衣装の方の面積が…こう…ちょっと少なくてですね(笑)、目のやり場に困るな〜と思いながらパッと見たらめっちゃ腹筋割れてんすよ(笑)
矢島「えへへ〜^ ^でも小山さんもリハーサル中暑くてよく脱いでらっしゃんるですけど、すっごい鍛えられてて私もビックリしました^ ^」
………なんで筋肉トークになってんだ。
マイナスイオンの投げ売りかよ。
 
小山「第一印象ですか?こう、すごくお綺麗で凛とされているから…」
矢島「いやいや…><(本気の謙遜)
小山「しっかりされた方ってイメージを抱いてたんですけど、ちょいちょい…抜けてるよね(笑)?(出た!ナチュラルタメ口!!)
矢島「そうなんですよね〜><よくメンバーからもリーダーしっかりして!って言われるんですけど…><」
小山「僕もグループでの立ち位置は割とそんな感じなんで…(笑)」
 
最大の見所は小山くんの矢島さん→舞美ちゃん呼びへのシフトチェンジです。
最終日には(´-」-`)舞美ちゃんさぁ〜って言ってて戦慄させる。(私を、ヲタクを)
 
 
 
【増田貴久×金澤朋子忘れたくない夏/℃-ute
f:id:oudon07:20151204165204j:image
ジャニーズのかなともハロプロのまっすー(当社調べ)が夢の共演…!
なんだろう、可愛いのに強そう(?)
増田「お互い歌ってみてなんとなく声質とか似てるなぁって、思うところがあって。まぁ、僕の方が先輩なんでね☆朋子ちゃんをグイグイ引っ張っていけたらな、と(ドヤァ)
えっ……今、サラッと朋子ちゃんつった……?
今日が初日なのに……???(白目)(今白目向きすぎて白身って打った)(何処のぐでたま)
 
金澤「初めましての段階からとても話しやすいお兄さん、といった感じで…」(隣でドヤ顔するまっすー)「(笑)あっという間に打ち解けられました」
増田「朋子ちゃん今年で20歳になったんだよね?」
金澤「はいっ!」
増田「僕もこないだ20になったばかりなんで><」
金澤「………いや、違いますよね(笑)?」
増田「????」(ツッコミ待ちの顔)
っていう増田小ボケ処理班に任命されるかなとも姐さんのくだり絶対ある。

この二人の声って妙に落ち着くというか木琴と鉄琴で言えば木琴で、ハーブティーってよりほうじ茶じゃん?(伝わって…!)(優しいの比喩)
 私の脳内にサンプリングされた声でこれ二人に歌わせてるけどエモい。かなりエモい。
(これ増田くんだと思って聞いてる部分あるしね .。.:*☆)
 
まっすーさんがハロプロだったらかなとも姐さんと誕生日2日違いだから、
きっと合同でバースデーイベントしてたと思うので(Ifの話が過ぎるぞ☆)、
そこで赤いフリージアも歌って。私に需要がある。
 
 
f:id:oudon07:20151204172233j:image
Oops!!!!(血まみれ)
こ、この画像の並びめっちゃええな…必殺仕事人っぽいプロフェッショナルな感じするな…(自画自賛)

シゲアキ先生と小田ちゃんは2度目の共演になります。
そうだよ、未来シアターだよ!!!(拡声機持って)
が、しかし特に深く話すことも無かっただろうし、先生の人見知りがひどい。
先生、なんとか距離を詰めようと頑張って「小田ちゃん」と呼ぶのが精一杯。
加藤「頼もしいというか、歌に関しては思いっきり頼ろうかな…いや、年下の女の子に頼るってのも変だけど(笑)お互いない部分を補えたらな、と」

カメラに「あのー、加藤さんが全然目を合わせてくれなくて…」ってこっそり報告しにくる小田ちゃん。
でも小田ちゃんは基本誰とも打ち解けられるスキルをお持ちなので、ススッと近寄ってて話しける。
いつの間にか、
小田「あの、加藤さん加藤さん」
加藤「んー?はいはーい」っていう兄貴シゲアキ(韻踏み)が見られるようになる。(吐血)(可愛い)
小田ちゃんのその日のブログには「加藤さんから差し入れ頂きました✨美味しかった〜💕」ってお菓子の写真付きであげられるけど、そのお菓子明らかシゲアキ先生食べなさそうなタイプのやつなの。
一回り下の、高校生の女の子って何が喜ぶんだろう、という不器用な先生の趣向が凝らされた見た目めちゃくちゃファンシーでラブリーなやつ。甘ったるくてシゲ食べないやつ。
節々から漏れ出るしげさくエピソード萌える。(自給自足)

ちなみに「まだ眠い目をこすり トーストをかじる」で流し目アキが欲しい。
「I Love you 秋麗…」の二人があまりに切なくて美しい。
エモい(2回目)
 
f:id:oudon07:20151204165244j:image
B型ピンク担当エースっていうこのヤバさ。
まとまりのなさ。
会話成立不可能っぽさ。
手越「もちろん愛理ちゃんは女の子ですけどアイドルとして同じピンク担当ってことで負けらんねぇなって思ってます。」あの、タイマンじゃないから…ね?

手越「これは俺、寄せた方がいいの?」
(というのは?)
手越僕も女装したほうが良いのかって話ですよ。僕はまぁどっちでもいけます、ええ、オールマイティ手越祐也なんで(ドヤァ)
鈴木えっそれちょー面白そう… .。.:*☆!(乗っかってくる)

密着カメラに鈴木「いやー手越くんはですねぇ、声量がものすごいんですよ〜><ああっ、私も頑張らないと><って。あと、話してる内容がほとんどわかんない…(笑)ちょっと何言ってるのかなぁ〜☆?ってことがありますねぇふふふ…☆」(遠くの方から「俺、愛理ちゃんにだけは言われたくねぇわ(笑)」って手越の声)(すっかり打ち解けてるーー!)

二人ともパフォーマンスに関してはバッチリでとにもかくにもキメ顔の応戦!
互角の戦いに会場のピンクのサイも荒ぶる〜〜!(タイマンじゃねーよ)
なによりもアイコンタクト取るときがめちゃんこカッコいい二人だし、
「NA NA NA NA NA ミステリーナイト」の時の二人の顔見た?あれやばかったよね?
事件だよね??(脳内でしか起きてない)
ダイヤでダイヤを殴ったかのような衝撃と美しさだった!!(虚言癖)
サビラストは、
 手越「未来はミステリーーーーイ~~~~~~↑↑(強めのビブラート)」

 恐らく後日、愛理ちゃんのアメブロ「実は手越さん、今回℃-uteのことを知るためにDanceでバコーン!を見てくださったそうで*(^o^)/*現場でも少し踊ってくださったんですが完璧でした笑。」ってドルヲタの片鱗が暴露される。



ハーーー楽しかった!!!!