読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お、うどん。

別荘でちまっと独り言。

夏とタンクトップと手越。

私は男子校育ちでどうしてもマニュアル通りな恋愛観やセンスを持ち、学生時代はホットドックプレスを読み漁っていた櫻井くんがすこぶる好きだ。

それは手越くんに対しても例外ではなく。

番組アシスタント、みやみやこと宮島さんの「(男性が思ってるほど)女性はタンクトップが苦手」という発言により、

去年の初夏あたりから徐々にタンクトップが手越祐也から消えていき(主にテゴマスのらじお内)、

今ではすっかり軽くタンクトップ反対派なってしまうほど女子の意見に惑わされやすい、しかもそれを実行してしまう健気な手越くんが好きだ。

 

なので好きすぎるからまとめました☆(ダダーーン)

自分の記憶に残ってるもの、検索して日付を割り出したものをYoutubeから音源を引っ張って来て文字起こしして。(奇跡的に全て音源が生きてた)

これで猛暑も怖くない!!(リンクも一応貼っています)

 

 

まずは事の発端。

【2014年5月21日】4:25~あたり

 

 

手越「男性にしてもらいたい好きなファッションあります?」

 宮島「私ほんとに申し訳ないことにタンクトップがちょっと苦手かもしれない…」

増田「イェーーイ!!!!フゥーフゥーーー↑↑ハッハハッハーーー☆」

手越「すいません、チェンジでお願いしまーーーーす!」

増田「チェンジダメよ(笑)せっかく仲良くなってきたのに(笑)」(※この日はみやみやがアシスタント就任して2回目の放送)

手越「俺が捌けるから!!!!」

増田「タンクトップ着替えてくださいよそれは」

手越「俺が捌けるくらいだったらTシャツ着ろと?まぁ確かにね。俺そんなにタンクトップ多い?」

増田「なんか迷彩のタンクトップとかあの」

手越「いやいやいやいや」

増田「酷くないですかーーー☆???ハッハッハッハー☆ホッホッホッホーー☆」(何キャラなの)

手越「いやいやいやダメだヤバイヤバイ、もう俺一歩後退だわ…俺の評価一個グンッだわ…下にね…下にグンッて」

 増田「いや手越のファッションセンス…僕はまっすー派手な服着てるよねー!とかよく言われるんだけど、俺より絶対手越の方が派手だからね、感覚(笑)

手越「違う違う、昔はな!昔は派手だったよ」

~中略~

増田「まぁじゃあ(宮島は)僕派ということで」

手越「俺、ぜっっっったい今年の夏着ねぇタンクトップ!捨てよう、帰ったら!目に入んないように捨てよう!!

増田「Tシャツの上にタンクトップ来てきたら…(笑)」

手越「いやいやプロレスラーじゃねぇか!!もっと嫌われるわもう…

 

 

【2014年7月2日放送】6:20~あたり

 

 

メール:ちなみに私は男の人のタンクトップ姿が大好きです。

手越「おいっ!!うぉいっ!!」(反撃)

宮島「(笑)」

増田「いやいやいや(笑)」

手越「ほらーーーー!!!」

増田「タンクトップ姿好きな人ってあまりいないよねぇ☆?」

宮島「居ない居ない居ない珍しい」

手越「おいおいおいおい!いやだからさ、たまにいるよ?俺も街歩いてて”あっ、ちょっとこいつ今自分のことかっこいいと思ってんだろうな”でタンクトップ着てる人はいるよ?」

増田「うんうん」

手越「うん。以上、それだけをお伝えしたい」

増田「ええっ!?!?オチ!オチ(笑)!オチというかトークの向かう先!!!」

手越「違う違う違う(笑)だから俺もタンクトップ着てるやつが全員かっこいいとは思わないよってことはちゃんとお伝えしときたい」

増田「手越は別にかっこいいから着てるとかじゃなくて普通にそのー」

手越「暑いのよ!もう!この袖分も暑いのよ!」

増田「あんま変わんないよね~?」

宮島「うーーん。」

増田「なんなら着てる方が涼しいくらいでしょ?」

手越「これ捲ちゃうとさ、伸びちゃうじゃん?袖が。そういうことなのよ。暑いのよ、夏は!」

増田「うん」

手越「言ってることはわかる。こうゴッツくてB系の兄ちゃんがジャラジャラ付けてタンクトップ、みたいなイメージを持ってるんじゃないんですか?それともタンクトップ全般がもうダメ?

宮島「うん、全般ダメ」

手越「ダメだこりゃ(笑)』

宮島「(笑)」

増田「でも普通にだから下デニムでスニーカー履いて上タンクトップとか俺結構苦手ね」

手越「まぁわかるよ、言ってることは。俺も、うん?って思うもん」

宮島「苦手……苦手…!!

手越「わかったよもう(笑)!!!!苦手なのはわかったよ!!!!!」

増田「めっちゃ言われてるね(笑)」

手越「めっちゃ目見て苦手って言われたわ…わぁー…」

増田「もうダメだろうね」

手越「高校生以来だわ、目見て苦手って言われたの…(笑)」

増田「言われたことあんの(笑)?」

手越「あるある(笑)高校生の時一回だけ言われたことある(笑)」

 

 

徐々に霞むタンクトップ。

【2014年8月27日放送】13:37~あたり

 

~男の人が夏に汗で乳首が透けるのが苦手、というメールから派生して~

増田「でも手越もたまにタンクトップ1枚で来たりする時の横からズレて出てるよね」

手越「それは透けてるんじゃないんですよ、もう出ちゃってるの(笑)

増田「あっ、出ちゃってるの?」

手越「それ出ちゃってるんで(笑)もうゼロの状態なんですよ(笑)」

増田「透けることに関してね?」

宮島「透けたりポチッと出てる感じが嫌だなぁ…」

増田「やっぱ嫌なんだ?」

宮島「女性は結構嫌ですね…もうちょっと配慮して欲しいというか…」

手越「だって宮島さんはさ、タンクトップをも否定派だもんね」

宮島「うん、ダメ。絶対に嫌だ(即答)」

増田「あっ、そっかそっか!手越そういえば最近タンクトップ来てこないじゃん(笑)?

手越「俺まだ今シーズン1回も着てねぇわ。」

宮島「素晴らしいっ…!」

増田「あれ?どうしたの?今まで持ってるタンクトップ達は?」

手越「寝てる」

増田「着てないんだ?」

手越「着てない着てない」

増田「えー!なんで?それは?」

手越「いや…世の女性がみんなタンクトップ嫌いだったらなんか俺嫌われるのヤダなぁと思って…うん…(震える声で)」(健気さに全米が泣く)

増田「なんか自信ある感じするもんね」

手越「でもちょっとわかるわ」

宮島「タンクトップ嫌いな女性って結構意外と多いんですよ」

手越「ああ、そう…」(真に受ける)

増田「でも好きな人も居るでしょ?」

宮島「好きな人はたぶんいると思うんですけど…(苦手な人が)結構多い」

手越「なんかタンクトップ好きな女の子って、そこまで行くかわかんないけどヤマンバみたいな人が好きなイメージ。なんかタバコ吸ってる男の子好きでぇ~、みたいな」(出た!手越さんの女の子って~あるある)

 

 

タンクトップよ、今は何処。

【2015年5月20日放送】15:08~あたり

 

~自己流を一度捨ててみることがモテる定義と先生が話していた。モテる女性、男性像は何か、というメール~

手越「例えばさぁ男と女の価値観違うじゃない?俺ほんとね、みやみや(宮島)の意見聞いて超思ったんだけど。男ってさ、タンクトップ着てると自分カッケェってやつ多いのよ。例えばジムとか海とかでタンクトップに腰巻して腕とか出てんじゃん?やっぱ筋肉出てるから今の俺たぶん超カッケェみたいな。なんならちょっと腕に力入れて筋肉出しながら歩きます、みたいな。」

宮島「うわぁ~…(小声)」

手越「ってやつ多いのよ実際男ってやっぱ!タンクトップあるあるなんだけど男の。自分で結構モテてるって思っちゃうんだけどほんと女性ってタンクトップ嫌いなんだよね。

宮島「嫌い(即答)」

手越「だからそういうところは異性の意見聞かないと勘違いしちゃってるとこたくさんあると思うから、そういうのを聞くの大事だと思う。」

宮島「うん」

手越「例えばその俺MCでも話したんだけど、大阪のね。俺、だからドクロが大好きなわけよ。で、スカルのものばっか付けてたんだけど実際女性ってロックすぎるファッションってあんま好きじゃないことに気づいて変えたのよ。何故ならモテたいから

増田「ほぉ!」

宮島「ほぉー。」

手越「やっぱ異性のそういうの聞くっていうのは大事だなぁって思った。自分が好きだけじゃ受け入れられないんだなって…

 

 

手越、布教し始めるの巻。

【2015年8月5日放送】21:23~あたり

 

~テゴマスの青春ツアー中は服装がテキトー過ぎた話から~

手越「改めましたもん。普段を」

宮島「今日Tシャツですね~」

手越「ちゃんと改めました。あともうあれからホントに、さくらちゃんに言われてから1回もタンクトップは着てねぇ!

宮島「(笑)」

手越「この夏も1回も着てねぇ!!」

増田「でも良かったよね?それはね?」

宮島「いや、ほんと良かったなぁって」

増田「タンクトップ1枚で歩いてるタイプの人でしたからね?」

手越「会うやつに言うもん!友達が来てきたら。”あのね、タンクトップってね、男が着てる自分強くなってるアピール程女の人好きじゃねぇから!”っていうのを結構みんなに言ってる」

宮島「それ広めてくださいほんっと」

手越「タンクトップってみんな強くなっちゃった感じしちゃうんだよ。俺かっけぇだろ?みたいなジャラジャラつけてこう腕出てウィ~↑みたいな。くっそ!そこのね、ギャップな!」

宮島「気をつけてください」

手越「気をつける(即答)俺ほんと気をつける(自戒)」

 

 

 

可愛い。(こういうのを恋は盲目って言います)

あのカワイイで有名の皇帝ペンギンだってすっ転ぶ可愛さ。

もっと女の子にモテたい!好かれたい!のポリシーがここに来てもまだ折れ曲がってないことが凄い。

もうジャニーズ入ったら勝ち組なのに。逆にタンクトップ着ても今のポジションなら抱いてくれと女が咽び泣くだろうに。

いつまでもアイドルとして貪欲なところが本当におもしろな~手越くんは。

随時またタンクトップネタが増えればここに足していきたいと思います。